FC2ブログ

hiro@krathoorm

hiro@krathoorm

-
IMG_2271_R.jpg
(Sorry, this article is about filing tax returns to Japanese Government, so Japanese text only)
今年も確定申告の締切(3月15日)が近づいてきました。
クラトーム開業後、ずーっとe-Taxで電子申請していたのですが、
マイナンバーカードが導入された後は、
e−Taxで書類だけ作成して、申請自体は紙媒体で税務署に持って行ってました。

(参考記事)
確定申告の準備中! 個人事業主奮闘記 その2 (2009年12月7日の記事)
挑戦!e-taxで簡単?5000円GET! その1 (2010年2月1日の記事)
e-taxで5000円GET!は難しい? その2 (2010年2月2日の記事)

というのも、それまで使っていたIDカードやカードリーダ(読み取り機器)が使えなくなるので、
マイナンバーカードの発行はもちろん、新たな機材購入が必要で、
それが数千円単位で必要になり、もったいない、と感じたからです。

開業後最初のe-Tax申請の際(2009年度)には、
時限措置でカードリーダ等の環境設備のために必要となる費用を
税額控除で負担(5000円)してもらえたので、
実質無料(というかかなりお得)でできたのと対照的でしたね。

2017.png
さて、今回提出の2017年度提出分の書類を作成して、
プリントアウトしたときに、
「あれ、なんか様式が若干違う・・・どうも数字を機械で読み取れるような仕様になってるな」
と気づきました。
過去のを見返してみると、2016年度分から変わっているようですね。
いや、自分が紙媒体で申請したのが2016年度分からで、
それまでもそうだったのかな!?

そのうえ、今回税務署で紙媒体で提出した際に、
今IDとパスワードを取得しておけば、
来年からマイナンバーカード無しで、e-Taxから直接送信できるようになると伺い、
早速登録してきました。

・・・きっと以前電子申請をしていた多くの納税者の方々が、
マイナンバーカード導入後、
私と同じようにe-Taxから紙媒体での申請に戻ってしまい、
税務署での数値の入力作業が膨大になったのだと推測されますね。

IDとパスワードだけで申告書の作成や提出ができてしまうのも、
セキュリティの問題がないのか心配ではありますが、
納税者にとっても、税務署に行く手間や、添付書類の多くが提出不要になったり、
前のe-Taxの電子申請の経験からすれば、
2月15日の受付開始を待たずとも電子申請はできたり、
一度申請した書類が間違っていれば、
期限内なら再度送信すれば上書きされたり(このあたりは自己責任で(汗))
メリットがありますね。

そもそも、マイナンバーカードやカードリーダが必要となる経費面だけでなく、
以前の住民基本台帳カードを使っていたときも、
カードは10年くらい有効にもかかわらず、
数年に一度、情報の書き換え(確認!?)が必要で、
その都度区役所に出向く必要があり(しかも、係員の方が慣れていなくて時間がかかる)、
費用が発生したり、手間がかかったり・・・という感じでした。

今回の案内の説明をよく読んでみると、
IDとパスワードでの電子申請は
マイナンバーカードとカードリーダーでの申請が普及するまでの暫定措置ということですが、
その費用や手間を考えたら、暫定措置が終わればまた紙媒体での提出に戻るかなぁ。

それまでに、是非簡易な電子申請が安全にできるようになっていて欲しいです。

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(2か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Posted by