Krathoorm Blog -Thai massage and SPA relaxation in Osaka

大阪・天神橋 タイ古式&アロマSPAリラクセーション「クラトーム」スタッフをより知っていただくため、書き綴るブログです

あなたも映画の主人公!? バケモノの子展に行ってきました  

IMG_4893_R.jpg
先日、観に行ったバケモノの子。
これまでの細田守監督作品を含めて、
絵コンテの展示や、映画の名シーンを体験できるイベントがあるということで、
行ってまいりました。

(参考記事)
キミとなら、強くなれる。
(9月2日の記事)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
この先、開催中の展覧会、
映画の内容に触れている部分がございます。
ご留意ください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

IMG_4859_R.jpg
まず入り口は、バケモノの子の「渋天街」に立つ熊徹さんと九太くん。
なんだかわくわくしますね。

IMG_4862_R.jpg
次に、絵コンテの展示。
アニメーションに詳しくない僕ですが、
監督直筆のものを見て、なるほど、こういう過程を経て映画になっていくんだな、
構想段階から監督の頭の中にはいろんなイマジネーションを働かせておられるんだな、
と感心しました。
この写真は、「時をかける少女」のワンシーン。
写真撮影禁止ゾーンでは、この絵コンテから、映画になるまでをわかりやすく映像にした展示もあり、
興味深かったです。
特に、「おおかみこどもの雨と雪」という作品で、子供が雪の積もった山の中を疾走するシーンは
印象的なシーンだったので、できてゆく過程が見れて良かったです。

IMG_4865_R.jpg
ところどころに立体的な展示もありました。
この近未来的な展示は「サマーウォーズ」の一コマを実物化したもの。
光の当たり具合が変わってこれまた面白い展示。

IMG_4882_R.jpg
でも、今回いちばん楽しみだったのは、これまでの4作品をモチーフにした、
体験スペース。
写真は、監督第一作「時をかける少女」の一番の見せ所、
未来から来た青年、千昭が、現代で出会った少女、真琴に
お別れの言葉を告げるために、引き寄せるシーンを体験できるよう。
千昭が真琴の耳元で「未来で、待ってる」とつぶやく声が聞こえるかも、とのことです。

IMG_4886_R.jpg
そして、これは監督第2作の「サマーウォーズ」の
クライマックスシーン、主人公の健二が、
「よろしくお願いしまーす!」と言い放って、
パソコンのエンターキーを押すのを体験できるとのこと。
何度も「よろしくお願いしまーす!」の声が聞こえてきました。

他にも、第3作の「おおかみこどもの雨と雪」は、
柱の傷に手をかざすとその背の頃の子供たちが映像で浮かび上がる、
というイベントが。
また、最新作の「バケモノの子」は熊徹に剣の使い方を教わって、
スイカや壺を割っていくアトラクションも。
これが一番メインのようで、順番待ちが非常に長くなってました。

シルバーウイーク、ご興味あれば是非!

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 07:48 [edit]

category: 映画movie

tb: 0   cm: 0

かつやに夢中! ご近所探訪 その162  

IMG_4856_R.jpg
JR大阪環状線の天満駅から、
天神橋筋の車通りに出て、少し南に行ったところ、
関西テレビ(キッズプラザ)の向かい位に、
タイ式マッサージのアユタヤブリスさんのあとに、
関東系のとんかつ専門店、かつやさんが先日できました。
お値段はお財布にやさしいながら、
カツ専門店ということで、
とんかつ自体は、衣がサクッ!お肉は柔らかいということで、
最近のマイブーム(もしかして死語?)です。

IMG_4845_R.jpg
一番オーソドックスなロースかつ定食。
豚汁がついてくるのがうれしいですね。
小サイズとはいえ、具もたっぷり。
キャベツもたくさんあって、満足な定食です。

IMG_4857_R.jpg
こちらは期間限定のコチュジャンサラダとんかつ。
ピリッと辛さがやってくる、これまた病み付きになりそうな逸品。
海苔の風味がカツと意外とマッチしていて、
サラダとカツを一緒に食べておいしいです。

IMG_4858_R.jpg
そして、カツカレー。
カレーはソース系の味付けで、オトナな感じ。
最近平日のお昼はこのカツカレーやカツ丼が500円でサービスになっているようです。
(カツ丼は、サービス券を使った方が安いですが・・・)

ご興味あれば!是非!

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 09:54 [edit]

category: ご近所探訪walking around krathoorm

tb: 0   cm: 0

厳選素材の他人丼専門店 ご近所探訪 その161  

IMG_4850_R.jpg
クラトームから、天神橋筋商店街を
JR天満駅の方へ少し北に上がったおはぎの丹波屋さんのお隣に、
先日他人丼の専門店がオープンしました。
あか乃さんというそうです。
気になったので、早速行ってまいりました。

IMG_4851_R.jpg
メニューが他人丼と他人丼セットだけというシンプルさ。
こだわりがありそうで期待できます。
オープン記念の他人丼セットを頼んで、
しばし待ちまして、いただいたのが・・・。

IMG_4853_R.jpg
牛肉も結構大きめのスライス、
卵も卵黄の色が濃い黄色!
付け合せに、湯葉、大根おろし!
うわ、見るからにおいしそう。

IMG_4854_R.jpg
セットには肉吸いがついてきます。
まずは肉吸い。
素朴な味付けでいい感じです。
そして他人丼。
カウンターに置いていた説明書きによれば、
まずはそのままいただくのが流儀の様子。
いやー。おいしいです。
肉が柔らかくて、卵の味と消しあわないようにうまく絡み合ってます。
肉も卵もこだわりの産地・素材だそうで(カウンターに説明があったのですが、失念)、
これまたこだわりの山椒(石切神社の有名な山椒屋さんが、独自にブレンドしてくれたようです)が、
マイルドなようで、ピリッとする不思議な味わい。

次に、湯葉と大根おろしを入れて。
湯葉、くみ上げだそうで、固まったか固まっていないかの微妙な加減が、
他人丼の卵やご飯と非常によく合います。
大根おろしと、旭ポン酢がさっぱりとしてこれまたいい感じ。

最後に、肉吸いをお行儀悪く(笑)どんぶりにかけまして、
これまた別のあっさりさ加減で、おいしい!
山椒のピリ辛さが、ここでもいいアクセントになってます。

こだわりの食材を使った他人丼、
ご興味あれば是非!

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 12:27 [edit]

category: ご近所探訪walking around krathoorm

tb: 0   cm: 0

キミとなら、強くなれる。  

IMG_4840_R.jpg
昨日は1日火曜日。
映画がお得に見れる日と、火曜日が重なるのは年に1~2回しかなく、
これは映画を見に行くチャンス!と
意気込んで行ってまいりました。

うーーん、何見よう。
やはり、細田守監督最新作の「バケモノの子」が気になるなあ。
お客様でも、よかったとおっしゃっていた方もおられたし・・・。
ただ、親子の絆的な作品ってあまり興味をそそられない・・・。
ジェラシック・ワールドのほうがいいかなー・・・と
悩むこと半日。やはり初志貫徹で「バケモノの子」を見てきました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
この先、映画の内容に触れている部分がございます。
知りたくない方はご注意ください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ストーリーは、
母親を亡くして、父親も行方不明になってしまった9歳の少年が、
家出して、渋谷の街をさまよっているうちに、
バケモノ界「渋天街(ジュウテンガイ)」の熊徹と出会い、
渋天街で熊徹の弟子になって、逞しく成長。
17歳になった時に、渋谷と渋天街を行き来するようになり、
やがて本当の父親と再会、
また、図書館で知り合った女性、楓に勉強を教えてもらったりするように。
そして、渋天街での戦いで起こったハプニングから、
渋谷にも大きな事件を起こして・・・。
といった感じです。(うまく説明できてなくてすいません)

孤独に生活してきた、ぶっきらぼうな熊徹が、
9歳の少年と出会って、
さまざまな形でぶつかり合いながら、
それまで自分に足りなかったものを得て、
少年と一緒に成長していく姿は、親子の絆ともいえるのでしょうが、
日頃20代の方から70代の方まで、
さまざまな世代の方とお仕事で出会っている自分にとっては、
人と人のつながりとは、そういうものなのかな、と感じられました。

バケモノにはなく、人間に宿すという「心の闇」。
その心の闇が引き起こす、最後の大事件を解決したのは、
熊徹の勇気と力と決断力。
そして、少年と熊徹、少年と楓との絆、
バケモノに育てられたもう一人の人間と
それをやさしく見守る「家族」。
うーーん、一度見ただけでは消化しきれないくらい、
いろいろなものが詰め込まれていて、
やはり、細田守監督の作品、好きです。

最初の方で、熊徹が何気なく発した、
「胸の中の剣」という言葉が、
最後の最後に心にズシリ、と響いてきて、
おじさん、ついつい感動してしまいました・・・。

空(入道雲)の描写や、印象的なピアノの低音の調べ。
それは、細田守監督の監督第一作、
「時をかける少女(アニメ版)」から引き継がれているようで、
これも印象的でした。

IMG_4843_R.jpg
主人公が渋谷で見つけた、この不思議な小動物も可愛い!

監督が狙ったという、子どもは、少年の視点で、
大人は熊徹や本当の父親の視点で、
それぞれがそれぞれの視点で楽しめる映画、
まさしくその通りだと思います。
まだもう少し上映しているみたいですので、
ご興味あれば是非。

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 11:46 [edit]

category: 映画movie

tb: 0   cm: 0

カレンダー

プロフィール

最新記事

カテゴリ

TripAdvisorおススメブログ認定いただきました!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード