Krathoorm Blog -Thai massage and SPA relaxation in Osaka

大阪・天神橋 タイ古式&アロマSPAリラクセーション「クラトーム」スタッフをより知っていただくため、書き綴るブログです

私の海外渡航履歴 その10 ポルトガル  

世界遺産 ベレンの塔
ポルトガルの首都 リスボンにある世界遺産 ベレンの塔

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
File No. 010 ポルトガル(西ヨーロッパ地区)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
初渡航  2001.7.16
渡航回数 1回
渡航ルート ・・・-BCN(スペイン バルセロナ)-LIS(ポルトガル リスボン)
        -FRA(ドイツ フランクフルト)
渡航航空会社 TP(TAPポルトガル航空:バルセロナ⇒リスボン)
主な移動手段 レンタカー
主な宿泊先 一般ホテル
発見のモニュメント
2001年の夏の旅行は、スペイン・ポルトガルの旅。
バルセロナ近辺を見た後、ポルトガル・リスボンへ飛行機で移動、
リスボンから再度スペイン マドリッドなどに戻って、
ポルトガル北部のポルトを回って、再びリスボンへ、という
レンタカーでの長距離移動の旅でした。
なんで、ポルトガルはリスボンとポルトぐらいしか見れていないのですが、
このコロンブスの発見のモニュメントのある海岸沿いは、
昔ここから大航海に出て行ったのか!と感慨深いものがありました。
いい写真がなかったので掲載できないのが残念ですが、
リスボンで食べたカニみそ料理(?)が忘れられないおいしさ。

ポルトの夜景
ポルトワインで有名な北部の都市ポルトは、
ドウロ川をまたいで街があり、
その両岸をつなぐ「ドン・ルイス1世橋」(写真の橋だったと思う)は
非常に狭い(たしか両側1車線だったように記憶)にもかかわらず、
交通量が半端ないです。
ポルトの旧市街地自体が世界遺産になっているくらい、
味わい深い、特に夜景がきれいな場所でした。

次回はその11 マカオです。

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 12:13 [edit]

category: 私の海外渡航履歴my archives of foreign countries

tb: 0   cm: 0

私の海外渡航履歴 その9 ドイツ  

ケルンの大聖堂
ケルンの大聖堂(の上部しか写せない・・・)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
File No. 009 ドイツ(西ヨーロッパ地区)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
初渡航  2001.7.12
渡航回数 1回(滞在2004)+3回(乗継のみ)(2001,2005,2009)
渡航ルート KIX(関空)-FRA(ドイツ フランクフルト)-BCN(スペイン バルセロナ)
        ITM(伊丹)-NRT(成田)-FRA
        KIX-ICN(韓国 ソウル)-FRA-HEL(フィンランド ヘルシンキ)
渡航航空会社 LH(ルフトハンザドイツ航空:2001)
          NH(全日空:2004、2005)
          OZ(アシアナ航空:2009)
主な移動手段 ICE(ドイツ高速鉄道)等
主な宿泊先 古城ホテル等
ドイツスタンプ

ヨーロッパ各地へ出向くのに、全日空とアライアンス提携しているドイツルフトハンザ航空に
乗り継ぐのにちょうどいいのがフランクフルトになることから、
おのずと立ち寄り回数が多いドイツです。
が、よくよく過去の経緯をたどってみると、
実際にドイツ国内に滞在したのは、
両親&妹と家族4人で行った唯一の家族海外旅行の2004年のみです。
しかもこれもスイスがメインで、その前後に1泊ずつしただけで・・・。
まだまだ見どころはたくさんありそうです。

ハイデルブルグの街並み
最初の一泊はハイデルベルグ。
丘の上から眺めた景色は中世ヨーロッパを思わせるもので、
印象的でした。

バッハラッハ(ライン川下り)
ライン川下りの船にも乗りました。
ちょうど紅葉が始まるくらいの時期で、
印象に残っている河岸の都市「バッハラッハ」です。
いつかここで一泊したい・・・と思いながら、
今のところそれは叶っていません。
この船に乗る前に乗ったローカル電車の中で、
ワイナリーの従業員の方と思われる団体の方と一緒になり、
そこでもらったワインがとっても爽やかで印象的でした。

ライン川沿いの古城ホテル
ライン川下りの後は古城を改造したホテルに一泊。
お食事も部屋の雰囲気もなかなかGoodでした。
(たどり着くまでの坂が大変でしたが)

ボンのベートーベン像
父親がクラシック好きなことから立ち寄ったボン。
ベートーベンの生家に行きました。

ドイツにはロマンティック街道など、ほかにもまだまだ見どころがあるので、
いつかまた行きたいです。
・・・とはいっても、いつもたいてい行きが帰りに経由するので、
ついつい後回しになってしまうのですが・・・。

次回はその10 ポルトガルです。

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 11:24 [edit]

category: 私の海外渡航履歴my archives of foreign countries

tb: 0   cm: 0

今さらですが・・・おすすめメニューは・・・その1★時間選択の目安★!?  

ハーバルボール
初めてクラトームにご来店いただいたお客様。
多くのお客様がホームページをご覧になってご来店されます。
しかし、中には「ホームページのメニューが多くてどれを選んでいいのかわからない!」
という声も多く聞いているところです。

確かに、今クラトームのメニューは大きく分けて
「タイ式」「SPA・アロマ系」の2つですが、
それぞれ時間設定も、細かいメニューもさまざま。
おまけに「うたたねプレミアム」やら、「Spa*Dream」なんてものも。
これまで「ご来店後にご相談で」と少しお茶を濁していたのですが、
今回から何回かに分けてメニュー選択のヒントをご紹介させていただきたいと思います。

まず今回は「時間設定の目安」について。

実は、これは一概にはなかなか言えません。
お客様の体格や、お疲れの部位、お疲れ具合によって変わってくるからです。

しかし、一つの目安としていただければと思うのは、
本格派タイ式(以後「タイ式」)・アロマオイルリラックスセラピー
(以後「アロマ」)のみであれば、
「一つのメニューは基本90分」ということです。

どちらもお時間のないお客様などにもお気軽に施術を楽しんでいただけるよう、
70分から設定しておりますが、
実は70分では十分な施術が行えず、技としてもかなり省略している部分があります。
これが90分コースになるとほぼ全身一通りの施術ができます。
(参考までに、ワットポー方式のタイ式リラックスマッサージの基本ステップは
全部行うと135分くらいかかります。)
アロマは120分、タイ式はさらに180分まで設定がありますが、
90分よりも長いコースですと、お客様の疲れている部位や
施術しながら少しお疲れが溜まっているなぁ・・・と感じる部分を
重点的に施術できますので、お時間の余裕があれば長時間コースはおすすめです。

また、120分以上のコースは「クラトームフリーチョイスパック」として、
単品メニューと同料金(カサイセラピー等一部メニューは追加料金必要)で
さまざまなメニューを組み合わせできます。

アロマとタイ式の両方であれば、おすすめは150分以上です。
これは、アロマとタイ式両方に重なる技があるため、90+90=180分ではなく、
150分でほぼ一通りの技を行うことができるからです。
180分以上になると、より時間をかけて、いろいろな技を駆使することができます。

・・・いかがでしょうか?
この記事に関係なく、いつでもメニュー選択にお悩みの際は、
メールでも電話でも、ご来店後でも遠慮なくおっしゃってくださいね。

次回は「ではどのメニューがおすすめなのか?」をお送りいたします。

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 11:15 [edit]

category: クラトームのヒ・ミ・ツsecret about Kratoorm

tb: 0   cm: 0

私の海外渡航履歴 その8-2 香港(続き)  

香港初渡航
前回掲載忘れてました・・・香港初渡航時のスタンプ。

香港トラム
食べ物編・・・と予告しておいて、
後から写真を見返していたら、トラムの写真があったので。
このトラムの2階席の真ん前に座ると
パノラマカー気分で楽しいですよ。
もちろん追加料金などいりません。
このトラム、単純往復の路線だけでなく、
競馬場の方へそれる(?)路線もあり、
たまに思っていたのと違う方向へ曲がってしまって、
全然わからない場所についてしまう・・ということもあるので、
気を付けてくださいね。

牛乳プリン(義順牛奶公司)
香港で是非お勧めしたいスイーツは牛乳プリン。
義順牛奶公司さんが有名で、香港に5軒お店があるよう。
香港ナビさんのページを参照)
味はやはり定番の白の牛乳プリンが一番おいしいかな。
温かいのと冷たいのを選べます。
どちらも捨てがたい・・・。
カスタードのほか、コーヒーや生姜のものもあり、
目移りしてしまいます。

陸羽茶室
香港といえば飲茶。
伝統ある店構えの「陸羽茶室」は、飲茶も雰囲気も楽しむには
もってこいの場所です。
陸羽茶室の飲茶
朝に行くとワゴンで運ばれてくる飲茶をその場で選ぶ方式ですが、
昼以降は紙に書いてオーダーする方式。
確か日本語のメニューもあったので、
注文票の漢字を見比べながらオーダー可能です。
(記憶違いでしたらすいません・・・)
香港ナビさんの陸羽茶室さんのページ

他にも中華料理、西洋料理・・・たくさんおいしいものがある香港。
「糖朝」のマンゴープリンもご紹介したいところですが、
香港の「糖朝」最近あまりいい思いをしたことがないので、
台湾の「糖朝」を台湾の回にご紹介しようかと思います。
マンゴープリン、私は今は「許留山」さんのが好きです。
(空港にもあって便利)

次回は その9 ドイツです。

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 11:32 [edit]

category: 私の海外渡航履歴my archives of foreign countries

tb: 0   cm: 0

私の海外渡航履歴 その8-1 香港  

ヴィクトリア・ピークから見た香港夜景
ヴィクトリア・ピークから見た香港夜景

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
File No. 008 香港(東アジア地区)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
初渡航  2001.1.20
渡航回数 30回(2001年以降毎年(2003と2009以外))
渡航ルート KIX(関空)-HKG(香港)
        KIX(関空)-TPE(台北)-HKG(香港)
        BKK(タイ・バンコク)、SIN(シンガポール)、MNL(フィリピン マニラ)、
        DPS(インドネシア デンパサール(バリ島))、JKT(インドネシア ジャカルタ)、
        KUL(マレーシア クアラルンプール)、PEN(マレーシア ペナン)、
        PVG(中国 上海)各地からHKG(香港)
渡航航空会社 NH(全日空:初回)
          CX(キャセイパシフィック航空:ほとんど)
          TG(バンコクからタイ航空:キャセイからの振り替えも数回)
          SQ(シンガポールからシンガポール航空)
主な移動手段 地下鉄等公共交通機関
主な宿泊先 一般ホテル

初めてのアジア旅行は、タイに次いで渡航回数の多い香港。
ただ「30回」はあくまでも入国した回数。
香港のキャセイパシフィック航空のヘビーユーザーだった私は、
一時期いつでも香港経由でアジア旅行に行っており、
その乗継回数たるやもう数えられません。

しかし、最初の香港渡航は、それまで貯めたマイルを使っての
初めてのマイルによる旅行。
しかしながら、なかなか空席がなく、土曜発日曜着の強行軍。
(このあと、バンコクでも1泊2日で行ってしまうようになりますが・・・)
それでも、香港の夜景や食べ物はそこそこ堪能してます。

キャセイパシフィック航空の機内食 今は無きハーゲンダッツ!
香港のキャセイパシフィック航空は、昔はエコノミークラスでも
ハーゲンダッツのアイスクリームが出てくるので有名でした。
いつの間にか「マグナムバー」に変更になり、
またまたいつの間にかアイスクリーム自体がなくなってしまいました・・・残念。

スターフェリー
香港の町は大きく分けて、香港島と九龍(カオルーン)の2エリア。
この間に海峡があります。
海峡の行き来は地下トンネルや地下鉄もありますが、
やはり一度は乗ってみたいのがスターフェリー。
客室が2階建てになっていて、料金が違うのも面白いですし、
何よりも、非常に安価で香港の夜景が楽しめてすごくお得な気分。
ほかにも、イギリスの植民地時代の名残から、
2階建てのバスやトラムもあります。
スターフェリー(夜)

ヴィクトリア・ピーク(昼)
最初の写真は、香港島の香港一といっていい観光名所
ヴィクトリア・ピークからの夜景。
何年か前に展望台が新しくなり、
見やすくなった!?かもしれません。
丘の上にありますが、これまた有名なピークトラムで上るのもよし、
ミニバスで急な坂道を右に左に揺らされながら
ジェットコースター気分を味わうのもまたいいです。
夜景を楽しむもう一つの意外な方法は、
香港空港を夜に出る飛行機から眺めることですが、
これは飛行ルートが変わったりするのでなかなか難しいか・・・

長くなってきたので、食べ物編は次回に。

※よろしければ、一日一度、下記のリンク(3か所)をクリックしてください。
 これもブログ作成者の励みになります。!
 いつもご協力ありがとうございます。
タイマッサージ店ランキング
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 11:14 [edit]

category: 私の海外渡航履歴my archives of foreign countries

tb: 0   cm: 0

カレンダー

プロフィール

最新記事

カテゴリ

TripAdvisorおススメブログ認定いただきました!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード