Krathoorm Blog -Thai massage and SPA relaxation in Osaka

大阪・天神橋 タイ古式&アロマSPAリラクセーション「クラトーム」スタッフをより知っていただくため、書き綴るブログです

【速報!】Professional Thai Massage for Healthコース 無事修了しました!  

修了書です!

昨日の実技試験、本日朝の筆記試験を無事パスして、
Professional Thai Massage for Healthコースを修了しました!

昨日の実技試験では、午前中に2時間30分のマッサージ、
午後に1時間20分の頭痛用のトリートメントをしたのですが、
どちらのお客(本当のお客を相手に試験は行われます)も
非常に高い評価をしていただいたようで、
コメントシートに「またマッサージを受けたい」と記入してくれていたようです。

マッサージ慣れしているタイの人にそう言っていただけたのは、
これからのマッサージ人生のなかで、大きな自信になると思います。
嬉しいです!

今日は昨日の実技試験の疲れから、体調が朝から思わしくなかったのですが、
試験は先月のSPAコースの試験より手ごたえのあるものでした。

取り急ぎ、ご報告です!

にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 15:17 [edit]

category: 修行learning

tb: 0   cm: 0

海外で散髪初体験 in タイ・Salaya  

カットサロン
これまで最長でも2週間くらいの海外旅行だったので、
海外で散髪することはなかったのですが、
今回は2か月を超える海外生活ということで、
毎月散髪に行っている私にとっては、
否が応でも散髪に行かないといけない状況でした。

しかし、散髪屋に行くのは難しいことではなくても、
髪型をどう説明したらいいのか、悩みの種でした。
変な髪形になって、結局丸坊主!ということは
避けたかったのですが・・・。

先月、バンコクにマンションを借りていた時には、
近くの散髪屋で英語が通じたのですが、
仕上がりはやや雑。
カットラインがジグザグになってしまってました。
まあ、これで200B(約600円)ですから、
タイならこんなもんかと思っていたのです。

で、今回、来週の試験に備えて散髪に行ったのが写真の店です。
ショッピングモールの中にあります。

なぜか最初にシャンプーから始まります。
ベットにあおむけになり、髪の毛を洗ってもらいます。
で、次に場所を移動してバリカン。
おっと!特に髪型を聞かれないぞ!と思っていたのですが、
ここは貴重な体験、どんな髪型になるのか
試しに店の方に任せてみることにしました。
バリカンが終わった段階で、横の部分がVのように斜めに上にあがっていて
タイの男の子のような髪型になりそうだったので、
(私はIのようになっているのが良かったのですが・・・)
もう少し切って!と合図すると、
はいはい、と返事はあったものの、次は髪をすいていく作業に入ってしまったので、
まあ、タイ人の髪型をするのも、最初で最後(!?)悪くはないかと思って任せてみました。

最後にまたシャンプーして、ドライヤーかけて終わりです。
(日本の散髪屋のように顔そりはありません。)

で、仕上がりはというと・・・なかなか、いや、日本で普段行っている散髪屋よりも、
いい感じに仕上がりました。大満足です。
190Bだったので、先月よりもさらに少し安上がり。

ちなみに、タイでは特に男女の区別なく散髪しているようです。
(逆に日本だけ?)
にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 09:12 [edit]

category: 旅行trip

tb: 0   cm: 0

個人海外旅行をセレブに快適にする方法 ~特典航空券編 その1 帰国日決定!  

長かった(かな?)修行の旅も、いよいよ終わりが近づいてきました。

今回、バンコクには昨年予約した航空券で入国したのですが、
(この話は、以前いよいよ来週出国!の記事でちらっと書かせていただいたところです。)
帰りのチケットがなかったのです。
まあ、帰る日も決めていなかったですからねぇ。

ちなみに、帰国する際の選択肢として、
1 バンコクから日本への往復チケットを購入する
  45日有効で約16000B~(約5万円)、一年有効で約30000B~(約9万円)
  ただし、条件の厳しいキャンペーン価格(予約変更不可、払い戻し不可など)で10000B
 (約3万円)前後のものもあり。
2 バンコクから日本への片道チケットを購入する
  往復運賃の半分、というわけにはいかず、約13000B~(約4万円)
  航空会社がかなり限られる
3 特典航空券を申し込む
  ただし、東南アジアから日本はやや割高(ANAで38000マイル必要)

という選択肢がありました。
最初、1や2を考えていたのですが、適当なものがなかなか見当たらず、
(45日有効はこれまでさんざんお世話になったのですが、
今後そんなに間隔を詰めてタイに来るとも考えられず、結局割高になりそうだし、
1年有効のものは高い!)
3の方法で検討してみることにしました。
ということで、前置きが長くなりましたが、今回は特典航空券の巻、その1です。

さっそく、私のマイルのメインバンク、ANAのHPで特典航空券を検索すると、
この不況の中、平日の直行便だと十分に空席がありました。
必要マイル数は38000マイルです。
しかし、ここで、ちと待てよとある考えが浮かびました。

必要マイル数は、全行程の合計飛行距離に応じて算出されます。
たとえば、ANAの場合、以下のようになります。
(詳細は、ANAのHP必要マイル数を参照してください)
全旅程の距離  エコノミー ビジネス ファースト
0~600       14,000   28,000   45,000
601~1,600    17,000   33,000   55,000
1,601~2,000   20,000   38,000   60,000
2,001~4,000   22,000   43,000   70,000
4,001~7,000   38,000   63,000   90,000
7,001~9,000   43,000   68,000  100,000
9,001~11,000   55,000  85,000   120,000
つまり、バンコク-大阪は「4,001~7,000」マイルの区間になり、
それで38000マイル必要なわけですが、
実際の飛行距離は5200マイルくらいです。
つまり、あと1800マイル飛行距離が延びても同じマイル数で乗れるのです。

で、せっかくなので、いろいろと寄り道をしてみようかなと。
東南アジアで前から行ってみたかったベトナムなら、ちょうど日本へ帰る直線上にあるし、
まずはハノイに行ってハロン湾見学、
で、次は韓国!まだまだ安いウォンを実感して、食べて買い物!
それでもまだマイル数に余裕があるので、石垣でシュノーケル!
ということで、以下のような日程で予約しました。
これでも必要マイルは38000マイルです。
しかも、予約変更可能な1年有効の航空券なので、すごく得した気分です。
※予約変更には条件があります。

7月7日     バンコクからハノイへ
7月8、9日   ハノイ滞在
7月9日     深夜便でソウルへ
7月10~12日 ソウル滞在
7月13日    昼にソウルから福岡へ 福岡泊
7月14日    昼に福岡から石垣へ 石垣泊
7月15日    石垣から沖縄経由で大阪へ(夕方到着)
1月        大阪から香港経由でバンコクへ

全行程で飛行機に8回乗ります。
一回当たり5000マイル以下!
ただし、日本国内では24時間以上の滞在が1回しかできないので、
福岡、石垣は24時間を超えないように調整するなど、
工夫が要ります。
ということで、7月15日に帰阪予定です!

・・・「セレブ」でも「快適」でもない、ただ単なる「節約」「けち」の話になってしまいましたが・・・
同じ行程を63000マイル出せば、国際線区間がビジネスになります。
エコノミーの1.5倍強ですから、このほうがお得感はありますよ。
(今回はエコノミーにしましたが)

※注:今回は海外発の特典航空券の話です。
特典航空券の利用に関しては、諸条件がありますが、
記事の都合上詳細は省いておりますので、
この情報を活用される場合には、十分に注意してください。
なお、必要マイルの他、空港使用税などの諸費用が別途かかります。

にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 09:59 [edit]

category: 旅行trip

tb: 0   cm: 2

アジア人気質!?  

ニューヨーク・マンハッタン島の公園のリス
この間、スペインと題して、
同じクラスのスペイン人N君の話を書かせていただきましたが、
今回は、もうひとりの同じクラスメートの
南アフリカ共和国出身のM君のことを書かせていただこうと思います。

このM君、英語が達者、というかおそらく母国語が英語だからだと思いますが
(注:ウィキペディアによると南アフリカの公用語は英語を含む11言語だそうです)
めちゃくちゃスピードが速くて、しかも発音がはっきりしないので、
私は最初、彼が何を言っているのか全く理解できなかったのです。
しかし、実はドイツ人のおばさんSさんはとにかく、他のクラスメート、先生も
彼の速さにはついていけてなかったようで、安心しました。
(一番ついていけてないのは私ですが・・・)

で、彼はつい最近までニューヨークの銀行で働いていたということで、
なかなかスマートな頭の持ち主です。
しかも、そのしっかりした顔立ちから、
てっきり40歳代くらいかと思っていたら、なんとまだ34歳とな・・・。
年下じゃないですか!
ちなみに私はどの先生からも26歳くらいに見えるといわれており、
少し嬉しい状況です(自慢)

彼は常日頃から先生に合理的でないことがあればすぐにその理由を先生に聞き、
先生が理由はない、ただ、気持のいいやり方をやっているからだ、とか、
技術が上がってこないとできないやり方だからだなどと
当たり前の説明を繰り返していることがこれまでに何度もあり、
そのたびに、私を含め、他のクラスメートもまた始まった!という感じになっていたのです。

そんな彼が、先週の夜の練習の時に、
マッサージの指圧ポイントの取り方が、先生によって全然違う!
と言い出したので、その場に居合わせたクラスメートが、
あーまた始まった!と思っていたのです。
私もクラスメートも、人によって体が違うんだから、ちょっとずつポイントも違うんじゃないの?
と言っていたのですが、
なんと、彼、次の日、授業で練習しているときに一番偉いY先生に
「P先生やK先生はラインの取り方を違うように教えた!」などと大きな声で
話はじめるじゃないですか!
私もさすがにこれには驚いたのですが、
先生が人によって体が違うのだから・・・と説明すると、
「確かに体は違うけど、骨の下になったり上になったりはしない!」
と主張して、その場に居合わせたP先生はY先生に「本当にそんなこと教えたの?」
ときつく言われて、ショックだったようで、
あとから「Staff Hさん、私ショックやわー」と半泣きになってました。

確かに、先生も間違っている時があるなーと私も思うこともあるのですが、
先生も生徒のことを思って言ってくれているのだから、と
その部分は黙っておいた方がいいなぁ、と考えて聞き流しているのです。
で、他の部分では、さすがに先生とあって、いいテクニックを教えていただけるので、
普段からいい人間関係を築くためにも、先生の間違いを特に他の先生に言ったりは
しないですね。
しかし、そういうのはきっとアジア(中国は違うかも・・・!?)特に
日本の考え方なんでしょうね。
しかし、私以外4人のクラスメートもM君ほどには徹底した追及ぶりを見せることはなく、
やはりそこにはニューヨークでの銀行員生活で培われたあいまいさのない性格が
出ているのでしょう。

彼の追及のおかげで、Y先生は再度生徒全員に指圧ポイントの確認を
自らの体でしていただけたので、
結局私には非常にいい授業になったのですが・・・。

最初全然わからなかった彼の英語も、最近は少しは分かるようになり、
話をしてみると結構面白い奴ということがわかり、
また、意外と礼儀正しい部分も持っているので、
前回のスペインのN君ともども、愛すべき人であるには変わりなさそうです。

このメンバーで一緒の授業を受けるのもあとわずか!
今週から来週はテストずくめです!

にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 01:25 [edit]

category: 修行learning

tb: 0   cm: 0

タイハーブ ~その2 ハーバルボール   

ハーバルの基
※あわせて「
タイハーブ ~その1 タイガーバーム!?」もご覧ください。

前回はタイガーバームの話でしたが、今回は実際に授業で体験したハーブの話です。

みなさん、タイのハーバルボールってご存知ですか?
私は今回のProfessionalコースを受講するまでは、存在は知っていたのですが、
どうやって使うのかは知らなかったし、経験もなかったのです。
タイマッサージはタイに来るたびに行っていたのですが、
私の行ったマッサージ店ではどこもハーバルボールを使ってなかったのですね。

で、今回授業で初めてハーバルボールを使ったマッサージを受けたのですが、
スチームで熱するので熱いのかと思えば、確かに最初は熱いのですが、
肌に浸透していくにつれ、ひんやりしてくる、不思議な気持ちよさ。
しかも、なんだか疲れや凝りが取れるような感覚で、
病みつきになりそうです。

ハーバルボールの中身はもちろんハーブなのですが、その主な中身は
写真の最初に出てくるカスムナという生姜の仲間のハーブです。
見た目は生姜そっくりなのですが、切ると中身は黄色です。
これを洗って適当な大きさに切って、すり鉢で若干すったものを使います。

ハーブ盛り合わせ
先生によれば、このカスムナ、なんとタイでは1kg40B(120円)とかで買えるそうです。
安すぎる!日本で買ったらいくらするんでしょう???
というか、売ってないか・・・。

このほかに、ライム(特にカフィアライムというものを使います)や、レモングラス、
kaffir Lime
この間の「タイガーバーム」の回で紹介させていただいたCamphor(ショウノウ)を
加えて混ぜ合わせます。
それを布でくるんで、タイマッサージ用のハーバルボールの完成です。
ハーバルボール

この基と同じように作るのですが、他に乾燥した材料も加えて、スチーム用のハーブの調合も
行われます。
スチームの基
こんな鍋のような容器でハーブを暖め、その蒸気でスチームにします。
たとえば、こんな囲いで蒸気をためて試します。
これでもサウナです


ハーバルボールは生のものは日持ちがしないのです。
乾燥材料で作ったものは冷蔵庫に置いておけば半年くらい使えるそうですが、
いずれにせよ日本で使うのは難しそうですね。
スチームはオイルを蒸発させる方法があるということで、
クラトームでの使用を検討中です。
実際に皆様に体験してもらえる日は・・・近いでしょうか???

にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Posted on 02:15 [edit]

category: 修行learning

tb: 0   cm: 0

カレンダー

プロフィール

最新記事

カテゴリ

TripAdvisorおススメブログ認定いただきました!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード